Hole 90 おじさんたちの甲子園・日経カップ2020挑戦編【激動の前半!】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

熱狂ゴルファーの皆さま、こんにちは。

PRGRで販促を担当しております、Nです。

ゴルフメーカーPRGRが誇る、科学的なスイング解析とレッスンを融合させたゴルフ上達メソッド『サイエンス・フィット』に通って、楽しく・真剣にレベルアップを目指すゴルファーの姿を追い続ける”ほぼ”リアルドキュメントブログ、サイエンスフィット日記

今年もやってきたおじさんたちの甲子園、日経カップ企業対抗ゴルフ選手権。念願の代表選手入りを果たしたサイエンスフィット日記メンバーのK君を中心に、PRGRチームの奮闘をお届けしております。

 

緊張でガチガチだったK君は、なんと今年一番のショットで元気にスタートしていきました。

その他のPRGRチームの選手も全員ナイスショットでティーオフ。

今年こそ悲願の決勝進出に向け順調にスタートして行ったPRGRチーム。否が応でも期待が高まります。

 

たったふたりの応援団

選手がスタートしてしまうと、クラブハウス周辺は急に静けさを取り戻します。

今年は新型コロナの影響で、応援ギャラリーの入場は不可。例年の熱気と活気あふれる日経カップとは違った様相です。

補欠選手として会場入りしたPRGRチーム総監督のS常務も選手が戻ってくるまでの2時間、ただひたすら待ち続けるしかありません。

 

『しかし、あいつらなかなか良いスタートを切っていったな。こりゃあ、今年はいいとこいけるんじゃないか?』

 

『ホントそうですね。練習場では他社の選手より良いショット打ってたし、朝イチショットも完璧だったし。今年は期待できますね。』

興奮を抑えきれず、やることもないS常務はクラブハウス内にあった血圧計でさっそくバイタルチェック。

血圧計の数値は176を記録。飲酒喫煙ゴルファーのS常務らしい、見事な数値を叩き出しました。

 

『よ~し、燃えてきたぞ!さぁ、そろそろ応援に行くか。』

気が付くと、朝あれだけ強く降っていた雨もあがっています。

そろそろPRGRチームの選手が見えるころです。例年20人近くの大人数で選手を応援するPRGR応援団ですが、今年の応援団はS常務と私の二人だけ。たったふたりの応援団で選手を精一杯盛り立てたいと思います。

 

アウトコースの戦略

■9番ホール グリーンサイド

池越えのロングホールでPRGR選手を待ち構えるアウトコース専属応援団長のS常務。お、PRGRチームのエースY選手の姿が見えてきました。

ちなみにK君のコース攻略メモによると、

○ドライバー使う必要なし。セカンドレイアップ

○5W⇒7iで残り9i

○ピン横からのパットは結構きれる

○チームプレイ、最後まで。

なるほど。無理はせず、確実に3オンを目指すホールのようです。

 

PRGRチームのエースY選手は戦略通りグリーンを3打でとらえ、バーディーチャンスにつけると、、、

これは惜しくもバーディならず、パーで前半を終えました。

 

続く組のN田キャプテンはアプローチをミスしてしまい、これがパーパット。

強気のパットは惜しくもカップをはずれ、このホールボギーとしてしまいました。

 

インコースの躍動

■18番ホール グリーンサイド

一方の私はインコースを担当し、飛ばし屋Y田選手と我らがK君の登場を待つことにします。

ちなみにインコースの最終18番ミドルホールはK君のコース戦略メモによると、、、

○ティーショットは左の高い木狙い

○右はラフに加え、木の枝があり狙いずらい

なるほど。セカンド地点によってグリーンが狙いづらくなるようなので、ティーショットの落としどころが重要なようです。

 

お!400ヤード先にうっすらと、PRGRチームの飛ばし屋Y田選手の姿がティーイングエリアに見えてきました。(スマホカメラの望遠の限界)

ティーショットを打ちました!が、ボールの行方は全くわかりません。

 

フェアウェイを悠然と歩くY田選手。ボールはどこにあるのか姿を追うと、、、

辿り着いた先は、他社選手の20ヤード先。フェアウェイの真ん中の最高のポジションです。さぁ、ここから残り120ヤードのピンを狙います。

あっと、これはグリーンをわずかに外してしまいました。

 

グリーン脇からのアプローチ。何やら考え込むY田選手。

このアプローチは、

トップ!

かと思いきや、ぬかるんだライだったので、あえてトップさせてピンに寄せたようです。さすがベテラン。技の引き出しが多い。

 

3メートルのパーパット。しっかりラインを読んで。

根性のパット。

は、残念ながら決めきれずこのホールはボギー。しびれる緊張感、見ている方も選手と同じくらい疲れます。

 

Y田選手を迎えながら、ふとコースに目をやると、

あ!

K君の姿をフェアウェイに発見!!

なんとY田選手と同じベストポジションにいます。

 

さぁK君のショットは!?(興奮のあまり指がカメラのレンズを触っちゃててすいません)

惜しい!グリーンにわずか届かず、グリーンエッジ。

 

小走りでグリーンに向かうK君。

 

その表情は、、、

満面の笑顔!!

これは相当期待できそうです。笑顔のままパターを持ちボールに向かうK君。

 

カラーからのアプローチは、、、

おっと2メートルショート。

嫌な距離を残してしまいました。

Y田選手同様、嫌な距離のパーパット。慎重にラインを読みます。

これを、

コロン

決めたー!!

さすがパット巧者のK君。ピンチを切り抜け、小さくガッツポーズで喜びを噛み締めています。

 

この9ホールでひと回り大きくなったように見えるK君。

日経選手としてのオーラが身に付いてきました。

 

『ナイスパー!ナイスラウンド。』

 

い、いや、、、ボギーです。ティーショットを右の林に打ち込んで、出すだけだったので、、、』

このホールは左が広いのでティーショットは左狙いのはずですが。。。

嫌な予感がしつつ早速スコアを見せてもらうと、、、

 

げげげっ、前半のスコアは52!!

 

PRGRチームにピンチ到来

『す、スタートホールで3打目からチョロが止まらなくなって、素で9を打ってからほとんど記憶がありません。』

そう語るK君。

瞳孔が開いちゃってます。

カメラで撮影されると実力以上の力を発揮するK君ですが、スタートホールでカメラが追えなくなった瞬間に本来の実力が姿を現したのかもしれません。

K君がコース戦略メモに記した”スタート3ホールはとにかく1打を大切に。”という自分へのアドバイスは活かされず、1打1打を無駄に浪費し、

本日のロッカー番号”103”がにわかに現実味を帯びてきました。

 

なお最終ホールで見せたあの笑顔は、調子のよさを表す笑顔ではなく、トホホな苦笑いだったようです。

クラブハウスでK君を出迎える飛ばし屋Y田選手。Y田選手も有り余るパワーを制御することに苦労し、前半のスコアは44とのこと。

アウトコースをラウンドしたエースY選手も本来の実力を発揮できずスコア40。N田キャプテンは途中大叩きしてしまったホールがあり46と、普段より苦戦しているPRGRチームの選手たち。

そんなPRGRチームの前半のスコア(上位3人の合計)は、

まさかの130!

日経カップの予選通過スコアは例年245前後なので、このペースは非常にまずいです。予選通過にかなりはっきりとした赤信号が点ってしまいました。

必死に選手を鼓舞するPRGRチーム総監督のS常務(平均スコア104)。

 

ちなみに密を避けるため、従来掲示されているスコアボードが今年はありませんので、他社の状況、PRGRチームの現時点での順位は不明です。

ただし圧倒的に厳しい状況であることは明らか。予選通過には前半より(K君以外の)全員が5打少なく回らないといけません。崖っぷちのPRGRチーム。でも俺たちはいつもプレッシャーのなかでスイングし続けてきたんだ。

 

さあ、反撃だ!

休憩を終え、午後のスタート時間がやってきました。インコースでスタートを待つN田キャプテン。

 

『N田、頼むぞ!何とか後半巻き返してくれ。』

 

『大丈夫です。俺たちにも意地があるから、このままじゃ終わりません。しっかり見といてください。』

そう言って、闘志を燃やすN田キャプテン。チームを背負うその背中には、想像以上の重圧がのしかかっています。

一方、アウトコースにはK君の姿がありました。

 

『おーいK。後半頑張れよー!』

 

『はい。目標スコアの90は難しいけど、前半のことは忘れて後半は精一杯、自分のゴルフをします!』

そう言って、今度こそ笑顔でスタートホールに向かうK君。K君のゴルフは刻んで安全にまとめるゴルフではなく、ドライバーで攻め続けてバーディーを奪っていくゴルフです。

 

後が無くなった崖っぷちのPRGRチーム。日経カップ2020挑戦編は次回遂に決着。果たしてPRGRチームの結果は!?

お楽しみに。

 

 

★おしらせ★

K君をはじめとしたPRGRチーム奮闘の模様は、PRGRサイエンスフィット直営店公式インスタグラムで音声付動画でアップしております。私Nの実況をまじえ、K君のラウンド直後のインタビューなども収めておりますので、こちらもぜひご確認いただき、よろしければフォローをお願いいたします。

PRGRサイエンスフィット直営店 公式インスタグラムはこちら

コメント

  1. SSリピート3回目 より:

    K君、第1打、第2打が良すぎて舞いあがっちゃったか❓
    たとえいいショットでも気持ちは抑え目に
    チョロが出ても、空を見上げてその1打を忘れましょう

    ゴルフスキス・・・いや、S常務、血圧を侮ってはいけません
    きちんとお医者さんで管理してくださいね

  2. カズさん より:

    貪欲に、飛ばせ。

  3. シュガーレイレナード より:

    k君のスコアと同じくらいS常務の健康状態が気になります

  4. prgr より:

    SSリピート3回目さん
    コメントありがとうございます!K君は舞い上がりに舞い上がりまくったことが容易に想像できます。ゴルフも体調も主治医に見てもらうのが大事ですね(^_^)
    追伸:SSリピート4回目のお越しをお待ちしております!

  5. prgr より:

    カズさんさん
    コメントありがとうございます!貪欲に、飛ばして、グリーンに乗せて、パットを決めて。ゴルファーの貪欲さに限界はありません(^_^)

  6. prgr より:

    シュガーレナードさん
    コメントありがとうございます!S常務の健康状態まで心配してくれるなんて感激です!本人にコトの重大さを伝えておきます(^_^)

  7. 3パットメセニー より:

    続きが気になります。
    皆さん頑張れ!(今更言ってもすでに結果出てるけど。)

  8. prgr より:

    3パットメセニーさん
    コメントありがとうございます!応援ありがとうございます。結果をお楽しみに!(結果は出ているけどお付き合いいただき感謝いたします(^_^))

  9. ゴルフスキスギーより少し上手なゴルファー より:

    シニア優勝した寺西明プロのラウンドに感動!想像を絶する重圧を跳ね返した精神力…社長業だけでも大変なのに…
    ブログの特性上面白おかしく全国に露出しちゃうK君もかなりの重圧を背負って緊張の中のラウンドなのでしょうね
    寺西プロは「緊張したいからゴルフをしているんです 緊張は欲があるからするんです 欲がなくなったらプロを辞めます」と言ってます
    K君も緊張を楽しんで頑張って下さい!
    高いレベルに参戦できるK君は幸せなんだよ〜ん

  10. サブ より:

    俺にもチャンスを⁉️

  11. prgr より:

    ゴルフスキスギーより少し上手なゴルファーさん
    コメントありがとうございます!元トップアマの寺西プロの完全優勝はアマチュアゴルファーの希望となる凄い勝利でした!K君も緊張を楽しめるゴルファーになって欲しいですね(^_^)

  12. prgr より:

    サブさん
    コメントありがとうございます!もちろんチャンスはみんなに平等にございます。チャンスをつかみ取れるのは一部の方かもしれませんが(^_^)

コメントする

*

※日本語が含まれない投稿は受け付けません