第4部Vol.9:スクランブル選手権決勝大会(中編)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

いつもご覧いただきありがとうございます。

プロギアで販売促進を担当しているNです。

 

PRGRの新しい直営レッスンスタジオ『PRGR GINZA EX』に通って本気で上達を目指すゴルファーを紹介する(ほぼ)リアルドキュメントブログ、サイエンスフィット日記。

第4部はメンバーをレベル別に分け、それぞれのレベルにあった課題(壁)を乗り越え、次のレベルを目指していく模様をお届けしております。サイエンスフィット日記メンバーよ。スイングの壁を越えていけ!

サイエンスフィット日記第3部で挑戦したスクランブルゴルフ大会。辛くも予選も通過した彼らの決勝大会での奮闘をお届けいたします。

70台でラウンドするレベル5ゴルファーのU君、80台でラウンドするレベル4ゴルファーのF君、平均スコア90台のレベル3ゴルファーK君(とプレイングカメラマンの私N)が、チャンピオン大会出場に向けて、憧れの筑波カントリークラブをラウンドします。

今回の目標スコアは60の12アンダー。予選のスコアが5アンダーなので無茶な目標ですが、スクランブルゴルフは何があるかわかりません。レベル別レッスンの成果が早くも出るのか!?

 

 

競技スタート!

今回ラウンドするのは、筑波カントリークラブの”つくばグリーン”。日経カップがおこなわれる”みらいグリーン”とは、距離や戦略が異なりますが、F君以外は筑波カントリークラブをはじめてラウンドするので、何の問題もございません。では、いよいよスタートです。

 

【No10 548yard par5】

スタートホールは右ドッグレッグのロングホール。フェアウェイ右サイドには大きな木が立ちはだかり、ティーショットにプレッシャーをかけてきます。日経カップでも、木を避けすぎて左のラフに入る人、右の林に打ち込む人をいっぱい目撃しました。セカンドショットは左ドッグレッグになるので、理想は木を恐れずフェアウェイ右サイド狙いです。

 

・1打目

まず最初に打つのはK君。

良い感じに振ってますが、実際は右プッシュアウトで右の林に突入。

続いてヒザに故障を抱えるF君。

独特の沈み込みからのジャンプショットは引っかかって左ラフ。いかにヒザに悪そうなスイングです。

次にエリートゴルファーのU君。

見事にフェアウェイど真ん中。

 

プロギアサイエンスフィット日記チーム、笑顔でティーオフしました!

 

この大会はスクランブルルールで行われ、ティーショットはひとり4ホール必ず採用されなければなりません。

貴重なU君のカードを最初から切るのももったいないので、ラフでもライの良いF君のボールを採用することにしました。

※ティーショットノルマがひとつ減って、ホッと胸をなでおろすF君

 

・2打目:残り300ヤード

F君の豪快なセカンドショット。

は、力みすぎてテンプラ。飛距離20ヤード。

 

続くK君のショットはまたまた右に飛び出て林へ。右向いてましたね。

U君はナイスショットでフェアウェイ真ん中をキープ。即採用です。

 

・3打目:残り75ヤード

K君のショットはまたまた右に飛び出しバンカーへ。何か右に行きそうなインパクト画像です。

U君は弾道を抑えラインを出して、、、

 

ドン、ピタ。

ピン手前1メートルにナイスオン!いきなりバーディーチャンスです。

 

ダフリまくってグリーンに乗らなかった先輩3人の分まで目土をおこなうU君。ターフエイドバケツの持ち方がちょっと違うけどえらいぞU君。(正しい持ち方はこちら

 

・4打目:1メートルのバーディパット

そしてこれを、、、

簡単に決めてバーディ発進!

いつも通り、王様U君を中心とした見事なチームプレー?です。

 

 

【No11 350yard par4】

距離は無いが、セカンドショット地点は右の林と左のバンカーで絞られています。ティーショットを正確にフェアウェイに置く必要があります。

 

・1打目

まずは名誉挽回、K君のティーショット。

これはまた右プッシュアウトで林。

 

続いてF君。

ドライバーショットでなぜか土煙を上げるショット!ボールは15ヤード先まで転がりました。

続いてU君。

完璧なショットは、フェアウェイの段を下って何と290ヤードドライブ!

今日の作戦は、一番手に一発の飛距離に定評のあるK君。二番手にヒザに不安があり期待も出来ないF君。三番手に安定感抜群のU君。という順番で打つ作戦のようです。※プレイングカメラマンの私(N)は四番手

 

グリーン手前花道まで飛ばしたU君。凄いぞ!

 

・2打目:残り65ヤード

全員グリーンに乗せるも、一番良いラインのF君のショットを採用します。

・3打目:5メートルのバーディパット

みんなで真剣にラインを読みます。これこそチーム戦の醍醐味。

そして、K君、F君が外した後、、、

U君が絶妙なフックラインを読み切って、なんと連続バーディ!!

さすが僕らの王様、えらいぞU君。

 

【No12 425yard par4】

距離のあるミドルホール。ティーショットはやや打ち上げているので、しっかり距離が必要です。

 

・1打目

K君が右に吹かしたあとの、F君のティーショット。

先ほどのホールと違ってジャンプのタイミングがバッチリ合ったF君のショットはフェアウェイど真ん中に250ヤードショット!

文句無くF君のショットを採用です。開始3ホールでティショットを2回採用される快挙にF君もご満悦の様子。

 

 

・2打目:残り175ヤード

ここまで良いところの無いK君のセカンド。得意の5番アイアンです。

が、これも右!バンカーです。

 

K君 『お、おかしいなぁ。。。自宅素振り練習を続けてきたのに。。。』

 

続いて調子に乗ったF君のセカンド。

これはジャンプのタイミングが合わず、チョロ。結局U君がグリーンエッジまで運んだショットを採用することになりました。

 

 

・3打目:残り20ヤード。

ちょっと遠いけど、パターでチップインが狙えるポジションです。

全員で果敢にカップを狙うも入らず。このホール、パー。早くも確変終了です。

 

【No13 155yard par3】

みらいグリーンだと物凄く長いショートホールですが、つくばグリーンだと距離は短め。手前をバンカーで囲まれているので、ミドルアイアンの精度がモノを良いそうです。

 

・1打目

存在感の無かったK君のティーショット。7番アイアンのショットはきれいなドローボールでピン右4メートルにナイスオン!

その他3人はグリーンオンせず。K君のティーショットをもちろん採用。

 

・2打目:4メートルのフックライン

これを

K君が見事に決めて、リアルバーディー獲得!!

 

スタート4ホールで3アンダーと予想外のスコアです。イケイケ状態のこの調子で12アンダーを目指したいと思います。

 

・・・盛り上がる3人を遠目に見ながら、いまだティーショット採用ゼロの私は嫌な予感と疎外感を感じ始めました。

(やばいな、、、1ミリも貢献していない)

 

【No14 534yard par5】

右ドッグレッグのロングホール。ロングなのでバーディーは必須、あわよくばイーグルを狙いたいところです

 

・1打目

調子を取り戻したK君のショット。

バーディで乗ってきたK君はきれいなドローでフェアウェイど真ん中に260ヤードショット。

そしてU君はイチかバチか右の林を越すショートカットを狙います。

これはわずかに木に当たって林の中へ、でも先に打つ人がフェアウェイキープできていれば、このような冒険ショットを打てるのです。(ちなみにF君とNはフェアウェイを突き抜けて左ラフでした。)

 

 

N 『みんな、ちょっといい?今日の俺は何かヤバイ。どえらいことをしてしまいそうなんで、このホールは俺にティーショットの権利譲ってくれない?Kのショットは俺より30ヤードは飛んでいるけど、2オンは無理な距離だし、頼む、いや、頼みます。』

 

K君・F君 『・・・。』

U君 『いいですよ、別に。必死ですね(笑)。』

 

3人との心の距離感を感じながら、なんとかティーショットを譲ってもらいました。王様、ありがとう。

 

・2打目:残り310ヤード。

U君がきっちりフェアウェイ真ん中に運んでくれました。

 

3打目:残り72ヤード

ここもピン右5メートルに乗ったU君のショットを採用。

 

・4打目:5メートルのバーディパット

予想以上に大きく切れる難しいライン。

結局、U君、F君、K君の3人は入らず。

U君 『ああ~、ロングでバーディ逃したのは痛いですねぇ。。。』

 

と、皆が次のホールに移動しかけたとき、、、

 

 

 

コロン

N 『おおおー、入った!入ったあー!』

他のメンバーと10歳以上年上で浮きまくっていた存在のNが気合でバーディパットを沈めました。仲間にも祝福され、ようやくチームがまとまってきました。

 

N 『よっしゃ!動画か画像撮ってくれた?』

  

K君・U君・F君 『いや、特に。』

何だよもう。とにかく5ホールで4アンダーは予想以上のハイペースです!

 

 

【No15 139yard par3】

打ち下ろしで距離の短いショートホール、グリーンの周りはバンカーで囲まれています。

 

・1打目

K君、F君、Nの3人はグリーンを捉えられず、ピン奥に乗ったU君のショットを採用します。U君ティショットを無駄遣いしてしまいました。

 

・2打目:下り7メートルのパット。

早そうな下りのラインです。まずはK君、

惜しい!続いてF君

珍しくリアクションの大きいF君でした。続いてU君。

これも惜しくも入らず。Nも外してこのホールは残念ながらパー。

 

【No16 434yard par4】

距離のある右ドッグレッグのミドルホール。グリーン周りもバンカーで囲まれていて、セカンドショットの難易度も高そうです。

 

・1打目

K君とF君がフェアウェイを外すなか、U君のティショット

果敢にも右の林越えのショートカットを狙った渾身のショットは見事に成功!

 

 

N 『Uのショットは確かに完璧だ。でも、ここでUのティーショットを採用すると3ホール目だぜ、これはもったいないよ!とりあえずこのホールは守ろう。30ヤード後ろにある俺のボールでいいよね?』

U君 『・・・はい、どうぞ。』

 

なぜかゲームキャプテン振りを発揮して何とかティーショットを採用してもらいました。ありがとう王様!

 

2打目:残り196ヤード

結局みんなセカンドショットはグリーン乗らず、U君のグリーン左カラーのボールを採用。

 

・3打目:残り10ヤード。

パターでチップインを狙います。

が、入らず、このホールもパー。完全に流れが悪い方向に向かっています。4アンダーのまま足踏みしてます。

 

【No17 401yard par4】

ストレートなミドルホール。障害物も無いのでティーショットは思いっきり振っていきたい。

 

・1打目

K君のティーショット。また右です。

F君はジャンプのタイミングが狂って左。

U君も珍しく右にすっぽ抜けて林。

 

U君 『くっそ~!(さっきのホールで僕のティーショットを採用してたらバーディチャンスだったのに。。。)』

 

ということで、このホールはフェアウェイをキープしたNのティショットが採用されました。

N 『なははははは。よっしゃ、3ホール目ゲットォ。』

 

K君・U君・F君 『・・・・。』

 

・2打目:残り145ヤード

ここはK君が切れ味鋭いアイアンショットを見せ、

ピン横4メートルにオン!

 

・3打目:4メートルのバーディパット。

これをUが見事にタッチを合わせてナイスバーディ!

3ホールぶりにバーディーがきました!これで5アンダーです。

 

【No18 375yard par4】

2打目付近とグリーン周辺にバンカーが配置されたミドルホール。思えば数ヶ月前、日経カップの予選ではグリーン周りで代表選手を応援していましたが、いまは自分たちが戦いのフィールドにいるのです。感慨無量です。

 

・1打目

U君はフェアウェイど真ん中。

U君以外全員フェアウェイを外れるも、猛烈に自己PRをおこなったK君の左ラフのボールを採用。まだ1ホールしかティショットを採用されていないから必死です。

 

・2打目:残り145ヤード。

K君は番手を間違えてグリーンを30ヤードオーバー。

結局、ピン手前8メートルにオンしたU君のボールを採用。

 

・3打目:のぼり8メートルのバーディパット

最後入れて6アンダーで前半を折り返したい!

 

が、これは誰も入らず、パーで前半9オールを終えました。

 

 

前半終了、順位は!?

前半を終えてPRGRサイエンスフィット日記チームのスコアは5アンダー。U君以外は調子がイマイチでひどいショットを連発してますが、なぜか噛み合ってまずまずのスコアです。

 

気になる前半の順位は、、、

なんと5位!!

予選通過スコアだと20チーム中20番目だったサイエンスフィット日記チームですが、上位で前半を折り返すことができました。盛り上がるメンバーの中でひとり冷静な男が、、、

 

 

K君 『今日の目標はあくまでも12アンダーです。これがクリアできれば優勝だって狙えます。気を抜かずに後半も攻めまくりましょう!』

 

男子賞金王のような穏やかな表情で語るサイエンスフィット日記チームのリーダー的存在のK君。果たして栄光の優勝カップを持ち帰ることができるのか!?

 

後半9ホールの模様は次回につづきます!

 



コメント

  1. Nさんファン より:

    皆さん頑張りつつ、それ以上に楽しそうな様子が伝わって来ます❗️
    サイエンスフィットスクランブル大会開催して下さい‼️

  2. prgr より:

    Nさんファンさん
    競技だけど楽しい!というのがスクランブル大会の醍醐味ですね。サイエンスフィット・スクランブル大会いつかはやりたいですね~(^_^)

コメントする

*

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る