第6回レッスン(8/10 軸の安定)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

皆さま、こんにちは。プロギア販促担当Nです。

 

【PRGR GINZA EX】に通って、アベレージスコア100のPRGR敏腕アラサー営業マンK君が3か月で70台を目指す企画も一ヶ月が経過しました。

 

アイアンマンカップ企業対抗ゴルフと立て続けに競技ゴルフを目の当たりにし、ゴルフ熱が高まりつつあるK君ですが、実際のラウンドではレッスン受講後まだ100を切れておりません。

 

ということで、本日もPRGR GINZA EXにて、サイエンスフィット・EXリピートコース(50分)を受講します。

 

 

K君『お疲れ様です。今日もよろしくお願いいたします!』

京村店長『おう、お疲れ。今日もよろしく。ところで、社内でもこの企画は注目度が高いようで、色々な人から、あいつは上手くなってるのか、本当に70台出せるのかって。店舗の売上げとは別のプレッシャーをかけられつつあるんだよ。カケ、がんばろうな!』

K君『うぅ、、、がんばります。(こんなつもりじゃなかったのに。Nさんに完全に騙された)』

 

 

スイング中に軸がぶれてしまい、インパクトが安定しない。ボールにうまくパワーが伝えきれていない。というのがK君の現状の弱点。スイング軸の安定を課題に、再度レッスンしていきます。

 

 

まずはスイングチェック。

一ヶ月前はアウトサイドイン・アッパーブローのBゾーンだったのが、今はしっかりインサイドアウト・アッパーブローのAゾーン(女子プロゾーン)に入ってきています。むしろ突き抜けてます。

 

ただし、正面からの動画を確認すると、まだ軸がぶれてインパクトで左側に流れてしまっています。

 

この状態だと、振り遅れてしっかりボールをとらえきれず、よく言う”浅いインパクト”になりやすいので、しっかり右側に頭を残した状態でインパクトを迎える、”分厚いインパクト”にするべく、レッスンしていきます。

■今までのK君のインパクトの形                 ■目指すべくインパクトの形

 

そこで京村店長からの秘策。

アドレスした状態で、ボールの後方40cmほどのところにゴムティーをセット。

京村店長『アドレスしたら、顔の向きはゴムティーにむけて、目線はボールを見て。その状態で打ってみて。』

 

 

K君『こ、これは、かなり無理があるような。というか、このまま打ったら首がねじ切れちゃうような気が、、、』

京村店長『いいから、早く打て!(イラッ)』

ズバーン!

 

K君『な、なんか、めちゃくちゃいい音がでました。』

京村店長『これが、”分厚いインパクト”。この感じを体に覚えこませるよう、練習して。』

 

ちょっと極端ですがこのアドレスで練習を続け、スイングの軸を安定させます。

Before                         After

 

時間いっぱいまで練習して、EXコース50分が終了。

スイング動画を確認すると、見事に軸が安定し、頭が左側にスエーする癖が解消されております。

 

練習の成果を確認し、称えあう京村店長とK君。

見えないプレッシャーのなか、同じ目標に向かって突き進む二人に、友情以上のかたい絆が生まれた瞬間です。

 

 

京村店長『ところで明日からお盆休みだけど、ゴルフの予定は入ってるの?』

K君『はい、さっそく明日山の日に、群馬の山に行ってゴルフしてきます。今日の感じだと、80台も出そうな気がしますので、がんばってきます!』

 

 

N『いいねぇ、明日はぜひベストスコア更新してくれ!』

N『ところでカケ、この後ちょっと時間ある?クラブセット持ってちょっとついて来て』

K君『時間はありますが、、、???』

 

 

 

つづく

 

 

 

【最新スコア 87 (2017年7月25日現在 ※アイアンマンカップ) 】

【最新スコア 103 (2017年7月25日現在) 】

【最新スコア 101 (2017年7月13日現在) 】

【最新スコア 105 (2017年6月29日現在) 】

 

コメントする

*

※日本語が含まれない投稿は受け付けません

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る