PRGR ScienceFit

HOME » コラム » アマチュアゴルファーも真似したい。"効率良く飛ばす”女子プロのスイング » 辻梨恵プロのスイング

プロギア サイエンス・フィット公認インストラクター 宮川まもるが解説!アマチュアゴルファーも真似したい。
辻梨恵プロのスイング
2021/1/12

辻梨恵プロのスイングの特長

インサイドアウト軌道で効率よく飛ばせるスイング

飛距離不足のアマチュアゴルファーのお手本スイング。

辻梨恵プロ

辻プロ情報はこちらから
https://www.prgr-golf.com/pro/tsuji/

スイングのポイント!

ポイント①

フェース管理

・テークバック始動でフェースが開かない(フェースがボールを見ている)
・トップでフェース面が上を向くシャットフェース(トップですでに球が捕まる状態)

ポイント① 画像1
ポイント① 画像2

ポイント②

インサイドアタック

・トップでバイザーが右を向く正しい軸回転(リバースにならない)
・トップから切り返しでもまだバイザーが右を向く(上体が突っ込まない)

ポイント② 画像1
ポイント② 画像2

アマチュアゴルファーが真似するならここ!

《スライサー・カット軌道のゴルファーはここを参考に》

フェース管理

・テークバック始動から8時までフェースはボールを見ているイメージ
(左脇腹から始動しフェースを開かない、スライサーは8時時点で手首をローリングさせてフェースを開いてしまう)

・トップでは左手甲が平になりフェースが上を向く
(スライサーは左手甲が手前に折れ、オープンフェースになっている)

インサイドアタック

・カット軌道のゴルファーの多くがリバースピボット(要因は頭を動かさない意識が強く顔の面まで固定してしまう)
 テークバックは左わき腹から回転させ徐々にバイザーが右を向くイメージで顔の面を固定し過ぎない

・トップからダウンの切り返しは左腰をアドレスの位置に捻り戻すことからスタート、その時に上半身も一緒に左に突っ込むとアウトサイドイン軌道になる、左腰を戻すときに一瞬バイザーを右に向けておく意識がインサイド軌道を生み出す。

PRGRサイエンスフィット教本第3弾 スイングの壁を知る  
5ステップメソッドにもドリルが掲載されています。

スイングの壁を知る 5ステップメソッド 画像1
スイングの壁を知る 5ステップメソッド 画像2

ご購入はこちらから

プロギア サイエンス・フィットとは

「サイエンス・フィット」は、PRGRが開発したまったく新しいスイング解析・ティーチングメソッドです。PRGR契約のツアープロも現在、スイングチェックに活用する「サイエンス・フィット」は、最新科学機器と数多くのデータをもとに、PRGRのティーチングプロが、ゴルファー1人1人のスイングを解析します。
あらゆるレベルのゴルファーが、自分のスイングを目の当たりにし、修正ポイント、最適なクラブを科学的に発見していく。「サイエンス・フィット」で、あなたのスイング、ゴルフは、劇的に変わります。

PRGRスクールサイトはこちら

日本プロゴルフ協会ティーチングプロ会員
サイエンスフィット公認インストラクター
宮川まもる

サイエンスフィットの統括。
トッププロからアベレージゴルファーまで5,000人以上のスイングを解析。
サイエンス・フィットが弾き出す測定データから即座に原因を見抜き、
悩めるゴルファーに的確な診断と即効のレッスンを行う。
慶応義塾大学ゴルフ部のスイングコーチも務める。

コラム