PRGR ScienceFit

HOME » コラム » 同じヘッドスピードなのに女子プロが飛ぶ理由

同じヘッドスピードなのに女子プロが飛ぶ理由

辻梨恵プロが飛ぶ理由

辻梨恵プロのスイング動画

テークバックでフェースを開かない!

 辻プロのテークバックは理想的です。テークバックでクラブをインサイドに引き過ぎず、なおかつフェースが開かない理想的なテークバックです。テークバックでクラブをインサイドに引く女子プロは非常に少ないです。クラブヘッドの大型化に伴いヘッド重心距離が長くなったため、インサイドに引き過ぎてしまうと振り遅れの原因となり、球が捕まり難くなることもその要因のひとつです。
 アマチュアゴルファーの多くはテークバックでクラブをインサイドに引いてしまいがちです。その原因は2つ。手首を捻るローリングという動きをしているためと、手首のコックを使わないためにヘッドが上がらずインサイドに引いてしまうのがその原因です。辻プロの手の動きにも注目してください。(下写真) アドレス時からほぼ真っすぐ飛球線後方に引かれています。辻プロのようにテークバックするには右足前までは手首をローリングせず、かつ左手が真っすぐひけるように意識しましょう。

辻梨恵プロのテークバック

手はほぼ真っ直ぐ飛球線後方に引かれ、クラブはアドレス時のシャフトの位置よりも外側に上がっている。この線よりもクラブをインサイドに引く女子プロは少ない

アマチュアゴルファーに多いテークバック

アマチュアゴルファーの多くはアドレス時のシャフトの位置よりもインサイドにクラブを引く。原因は手首のローリングとコックが上手く使えないことにある

動画で解説女子プロを真似て飛距離アップ!

飛ばせるテークバックを身につけよう

辻プロのように飛距離を伸ばすには、テークバックがとても重要となります。テークバックでクラブを正しい軌道にのることが重要です。
正しい軌道にのせるには2つのポイントがあります。アマチュアゴルファーに多いインサイドに引いてしまう理由の1つが、手首をローリングしてしまうことです。このような方にはバックフェースドリルをお薦めします。
・マレット型のパターなどのバックフェース側にボールをのせて、ハーフバックまでボールを落とさない。 これができてきますと、ローリングが少なくなって、クラブをインサイドに引かなくなってきます。
 もう1つのインサイドに引いてしまう理由として、手首のコックができなく体の回転だけで上げてしまう場合があります。このタイプもインサイドに引いてトップではシャフトがクロスしてしまう原因になります。このような方は、スプリットハンドドリルがオススメ。
・左右の手を10cmくらい離してグリップ。
・左手を少し下に押し下げながら、右手を引き上げるようにバックスイングをする。

こうすることでテコの原理で勝手にヘッドが上がってきて、テークバック時のヘッドがインサイドに入らなくなります。このドリルを試していただくとヘッドが正しいプレーン上にのってきますので、この2つのポイントでテークバックができると、飛距離アップにつながります。

プロギア サイエンス・フィットとは

「サイエンス・フィット」は、PRGRが開発したまったく新しいスイング解析・ティーチングメソッドです。PRGR契約のツアープロも現在、スイングチェックに活用する「サイエンス・フィット」は、最新科学機器と数多くのデータをもとに、PRGRのティーチングプロが、ゴルファー1人1人のスイングを解析します。
あらゆるレベルのゴルファーが、自分のスイングを目の当たりにし、修正ポイント、最適なクラブを科学的に発見していく。「サイエンス・フィット」で、あなたのスイング、ゴルフは、劇的に変わります。

PRGRスクールサイトはこちら

コラム