サイエンス・フィットで分かった!
プロとアマのスイングの違い
スコアアップ

メニュー 初回無料体験はこちら初回無料体験はこちら よくあるご質問 お問い合わせ|03-5996-1560|受付時間:月~金 9:30-17:00お問い合わせ|03-5996-1560|受付時間:月~金 9:30-17:00

Part1 サイエンス・フィットで分かった!
プロとアマのスイングの違いと改善ドリル

(2)飛距離アップと方向性をよくするためには、お尻は動かさない

サイエンス・フィット受講のアマチュアゴルファーに共通した傾向の一つが、ハーフバックからトップにかけてお尻が前に動いてしまうこと。さらに、インパクトでもプロのお尻は動かないのに対し、アマチュアのお尻は浮いてしまっています。この動作によりインパクトでフェースが開きやすくなり、ボール初速を上げられないため飛距離が出ないだけでなく、方向性が悪くなる要因にもなっています。プロのようにスイング中お尻が動かないスイングをするためのドリルを紹介していますので是非お試しください。

【プロアマ動画比較】スイング中のお尻の位置に注目

左はアマチュアゴルファー、右は小平智プロのスイングです。アドレス時のお尻の後に引いた緑の線より、アマチュアはハーフバックからトップにかけて前に出てしまっているのに対して、小平プロのお尻の位置はフィニッシュまで変わりません。また、インパクトの手元の位置にも注目してください。小平プロはアドレス時にシャフトのラインに沿って引いた緑の線とほぼ同じ位置でインパクトを迎えているのに対し、アマチュアの方は、手元がアドレス時よりも上の位置でインパクトを迎えています。

【動画で解説】スイング中、お尻の位置を変えないためのドリル

用意した椅子に軽くお尻をつけて構えます。バックスイングでは右のお尻で椅子を押し、ダウンスイングでは左のお尻で椅子を押すようなイメージでスイングしてください。このイメージで体の回転をしていくと、バックスイングからインパクトまでのお尻の位置がかわりませんので、手元が浮かずにアドレス時とほぼ同じ位置でインパクトができるようになります。これによりフェースが開きやすくボール初速が出づらくなったり、方向性が悪くなったりする傾向が改善されます。

次のページ (3)フォローで左ヒジを伸ばしていけばスライスが改善でき、飛距離が伸びる

  • ゴルフレッスン動画一覧
  • ScienceFitスクール体験

PRGR公式Facebook

PRGR公式Facebookでは、レッスンを始めPRGRに関する情報を定期的に発信しています。