サイエンス・フィットで分かった!
プロとアマのスイングの違い
スコアアップ

メニュー 初回無料体験はこちら初回無料体験はこちら よくあるご質問 お問い合わせ|03-5996-1560|受付時間:月~金 9:30-17:00お問い合わせ|03-5996-1560|受付時間:月~金 9:30-17:00

Part2 サイエンス・フィットで分かった!
飛ぶ人と飛ばない人の違いと改善ドリル

(2)下半身リードの誤解と本当に飛ばせる下半身リードについて

下半身を使えば飛ぶとよく言われますが、誤解が多いので注意が必要です。特に連続写真やビデオでプロの映像を見ると下半身が上半身より先に戻っているので、上半身を下半身より遅らせるイメージを持っていると思うのですが、実際は下半身が戻ると同時にプロはインパクトを迎えています。下半身を使うことは非常に大事なのですが、上半身を置いておこうとし過ぎると完全に振り遅れて、逆にヘッドスピードが出なくなります。振り遅れを防ぎ、本当に飛ばせる下半身リードを習得しましょう。

【動画で解説】飛距離アップにつながる本当の下半身リードを身につけるためのドリル

左のお尻をアドレスの位置に戻すことが非常に大事なのですが、その戻す動作と同時にティを打つ音がすると、下半身リードができてヘッドも戻るようになるので飛距離が最大限伸びます。素振りでお尻を戻すと同時にティの音が聞こえるという練習を繰り返してください。手打ちにならず下半身から始動していますのでインパクトポイントも適正になり下半身を効率的に使えたヘッドスピードが上がるスイングとなります。

【動画で解説】下半身リードを誤解して起こる、振り遅れのミスを防ぐ方法

下半身を先に戻そうとして振り遅れる人は、右腰の位置がダウンスイングからインパクトにかけて高い人が非常に多いです。左のお尻を戻す際に、なるべく右の腰を低く保つようなイメージを持ってください。右腰が高いと腰が前方へ突き出た状態になり振り遅れてしまいます。右腰を少し低く保つイメージを持ちながら左のお尻を戻していくと、振り遅れることなくヘッド軌道が最短の距離になり、正しいインパクトが迎えられるとともに、右足の粘りも発生してきますので振り遅れが少なくなります。

  • ゴルフレッスン動画一覧
  • ScienceFitスクール体験

PRGR公式Facebook

PRGR公式Facebookでは、レッスンを始めPRGRに関する情報を定期的に発信しています。