PRGR ScienceFit

Part2 サイエンス・フィットで分かった!
飛ぶ人と飛ばない人の違いと改善ドリル

(1) パワーだけではないヘッドスピードを効率的に上げるための方法

ヘッドスピードが出ない方は、インパクト前後でグリップエンドが体と一緒に動きすぎてしまっているため、シャフトのしなりもどりが使えていないのです。逆にヘッドスピードが出る方は、インパクトの瞬間にグリップエンドにブレーキがかかって、シャフトがしなりもどっています。また、ヘッドが効率よく加速していくとヘッドが腕を追い越していくため、フォロースルーで腕とクラブでできる角度が自然と生まれますが、ヘッドをうまく加速できないと腕とクラブが一緒に動いてしまうのでフォローでは腕とクラブが一直線になります。ヘッドスピードを効率的に出すためのドリルを紹介します。

【動画で解説】ヘッドスピードが速い人と遅い人のスイングの違いを把握

左はヘッドスピードが遅いアマチュアに多いスイングで、右はヘッドスピードを効率よく出せているプロや上級者に多いスイングです。ヘッドスピードが速い右のスイングは、インパクト以降で右手が左手を追い越しヘッドが加速しています。一方で、左のスイングはグリップエンドがヘッドと同様に飛球線方向に動いてしまっており、シャフトのしなり戻りをうまく使えずヘッドが加速しづらくなると共にフェースローテーションがでていません。

【動画で解説】ヘッドスピードの効率のよい出し方について

ベルトの高さでクラブを地面と平行に構え、インパクトの形を作ってみてください。体が開いてグリップエンドが飛球方向に動いてしまうとヘッドスピードは上がりません。一方で上手くグリップエンドにブレーキがかけることができると効率的にヘッドスピードが上がります。コツとしては左手の小指と薬指をインパクトの直前にちょっと締めるような感じで持ちましょう。この感覚をつかんでいただくと、結果的にシャフトが上手くしなりもどるようになりヘッドスピードは上がります。

次のページ (2)下半身リードの誤解と本当に飛ばせる下半身リードについて