PRGR ScienceFit

HOME » コラム » 同じヘッドスピードなのに女子プロが飛ぶ理由

同じヘッドスピードなのに女子プロが飛ぶ理由

藤本麻子プロが飛ぶ理由

藤本麻子プロのスイング動画

インパクトからフォローにかけてのフェースターン(腕の入れ替え)

藤本麻子プロの飛ばしはフェースターンから生まれています。特にダウンスイングとフォロースルーで、右手と左手の位置がしっかりと入れ替わっていることに注目してください。
無理にフェースを返そうとしたり、手首を入れ替えようとするのはNG。左手のグリップエンド側にブレーキがかかり、右手が左手を追い越していくフェースターンができるのが理想です。
 アマチュアゴルファーの場合、左肘がひけたり、インパクトでグリップエンドが流れたりして、インパクトでのフェースターン(腕の入れ替え)ができない方が多く見られます。
この点を意識し、改善されると結果的にフォロースルーで右脇が締まり、効率的な飛距離アップが期待できます。

藤本麻子プロのインパクト前後

ダウンスイングとフォロースルーで、右手と左手の位置が入れ替わっていることに注目。フォロースルーでは左脇は締まり、左肘は下を向き、右腕は伸びている

アマチュアゴルファーに多いインパクト前後

フォロースルーでは左脇が開いてしまい、フェースターンもできていない。アウトサイド・インのスイング軌道になってしまう方が多く、飛距離アップは望めない

藤本プロの飛ばしのポイントはグリップエンド。少しブレーキがかかったグリップエンドを手が追い超すことで、効率的なフェースターンができ飛距離アップにつながる

動画で解説女子プロを真似て飛距離アップ!

飛ばしに必要なフォローを身に付けよう!

藤本プロのように飛ばすコツとして、ダウンスイングからフォローにかけての腕の入れ替え、そしてフェースターンが非常に重要になります。ただし、アマチュアゴルファーがフェースを返そうとすると、ダウンスイングで腕とクラブでできた角度のリリースが早くなってしまったり、フェースを返し過ぎたりして、なかなかうまくできない方が多いと思います。実は腕の入れ替えというのは、自分で行うというよりは、グリップエンド側にインパクト付近でブレーキをかけ、この支点ができることによってヘッドが手元を追い越していくことです。このタイミングをつかむことで、左肘が抜けたりすることがなくなります。このインパクト付近でのブレーキングを少し練習していくと、腕の入れ替えができてきます。
この効果的なドリルとしては、
・短めにクラブを持って膝の高さで振る。
・当たる直前に左手の小指から3本をキュッという形で握りを締める。

そうするとグリップエンド側にブレーキが掛かって自然と腕の入れ替えができ、フェースターンもが簡単に習得できます。是非、お試しください。

プロギア サイエンス・フィットとは

「サイエンス・フィット」は、PRGRが開発したまったく新しいスイング解析・ティーチングメソッドです。PRGR契約のツアープロも現在、スイングチェックに活用する「サイエンス・フィット」は、最新科学機器と数多くのデータをもとに、PRGRのティーチングプロが、ゴルファー1人1人のスイングを解析します。
あらゆるレベルのゴルファーが、自分のスイングを目の当たりにし、修正ポイント、最適なクラブを科学的に発見していく。「サイエンス・フィット」で、あなたのスイング、ゴルフは、劇的に変わります。

PRGRスクールサイトはこちら

プロギア サイエンス・フィット公認インストラクター宮川まもる

日本プロゴルフ協会会員ティーチングプロ。矢野東や原江里菜といったトッププロからアベレージゴルファーまで、過去3000人以上のスイングを分析。サイエンス・フィットが弾き出すデータから即座に原因を見抜き、悩めるゴルファーに的確な診断と即効のレッスンを行う。

コラム