PRGR ScienceFit

HOME » コラム » 同じヘッドスピードなのに女子プロが飛ぶ理由

同じヘッドスピードなのに女子プロが飛ぶ理由

原江里菜プロが飛ぶ理由

原江里菜プロのスイング動画

バックスイングで右膝キープ、頭は動かせ!

スイング中に頭を動かしてはいけないと勘違いしているゴルファーが多く見られます。原プロのバックスイングを見ると、首の付け根の位置はそれほど移動していませんが、バイザーのツバが右ナナメ後ろの方向に大きく回転しています。
 アマチュアゴルファーの中には頭を動かさないようにという意識が強く、トップでの体の重心位置が左側に乗ってしまう「リバース」になっている方がいます。このスイングだと飛距離アップは期待できません。サイエンス・フィットに訪れるゴルファーの大半が「リバース」になっています。
 原プロの右膝の角度にも注目してください。トップまで右膝の角度キープされています。膝頭は少しスイングに合わせて回っていますが、角度だけはキープできています。
右膝の角度をキープし、状態の捻転にあわせて頭を回転させることで大きな捻転が生まれ、飛びに必要なパワーがたまるのです。

原江里菜プロのバックスイング

アドレスとトップでの頭の位置を比較すると大きく移動している。一方で右膝の位置はほとんど移動していない

アマチュアゴルファーに多いバックスイング

頭を動かさないように意識しすぎるため、トップで重心が左にのり「リバース」になり、飛距離が出ない

バックスイングからトップにかけての顔の向きは、原プロのように右ナナメを向くくらいが正解。頭を動かさないようにすると、トップで重心が左に乗るリバースになりやすい

動画で解説女子プロを真似て飛距離アップ!

飛ばせるバックスイングを身に付けよう!

原プロのように飛ばすためのポイントは正しい軸回転、言い換えると体の捻転が重要です。
正しい軸回転をするためのポイントは右膝の角度です。右膝の角度をキープしたままできるだけ上半身は捻転してください。その際、少し顔を右に向けるようなイメージを持ってください。多くのアマチュアの飛ばない原因になっているトップで重心が左に乗るリバースが改善されて、トップで重心は正しく右にのってきます。そうするとトップからの切り返しで下半身リードにつながってしっかりしたインパクトが作れます。
・アドレス時の右膝の角度をキープする
・顔を少し右に向けるくらいの感覚で上半身を捻転する。

体が固い方や上半身がなかなか回りづらいという方は、少し両足首を回すことで始動するような感覚を試してください。足首が回ってくれば、自然に上半身も正しく回ってきますので、ぜひ試してみてください。

プロギア サイエンス・フィットとは

「サイエンス・フィット」は、PRGRが開発したまったく新しいスイング解析・ティーチングメソッドです。PRGR契約のツアープロも現在、スイングチェックに活用する「サイエンス・フィット」は、最新科学機器と数多くのデータをもとに、PRGRのティーチングプロが、ゴルファー1人1人のスイングを解析します。
あらゆるレベルのゴルファーが、自分のスイングを目の当たりにし、修正ポイント、最適なクラブを科学的に発見していく。「サイエンス・フィット」で、あなたのスイング、ゴルフは、劇的に変わります。

PRGRスクールサイトはこちら

コラム